【今年の開催について】

 
朝倉氏遺跡を約1万5千個のろうそくで彩るイベント“越前朝倉万灯夜”が多くの関係者のご協力により開催できますことを心からお礼申し上げます。ご支援、ご協力頂きました関係各位をはじめ、協賛企業各社の皆様に深く感謝を申し上げます。万灯夜は、福井豪雨からの早期復興を願い、遺跡周辺7地区でつくる夢・創造足羽会が2004年に始め、地域の皆様、各種団体の方々と一体となって開催するイベントとなっております。今般のコロナで最前線で対応されている医療関係者の方々をはじめ、苦境に耐えておられる方々への『感謝と希望』の気持ちを灯として届けるための取り組みをさせて頂きたいと思います。 
 
結びに、この灯りを通じて“命の大切さ”や“家族の絆”が再認識され、みんなで素晴らしい“ふくい”を実現したいと存じます。一日も早くコロナが収束して平穏な日々が取り戻せることを心から願っております。 
 

夢・創造足羽会 会長  山崎 栄一

医療従事者とすべての方々に
感謝と希望の灯
一夜のみの開催!8月21日(土曜日)

戦国時代に繁栄を極めた城下町跡「一乗谷朝倉氏遺跡」を約7,000個のカップでライトアップします。ろうそくが灯るころには、遺跡一帯が幻想的な雰囲気に包まれ、地元の小学生がカップに描がいた、あたたかい想いや願いは、心が癒されます。 
※小雨決行
 

今年は縮小開催となります。

  • 新型コロナウイルスの感染状況により、開催内容等が変更になる場合がございます。予めご了承のほどよろしくお願いいたします。
  • また、ご来場の際は、マスク着用および手指消毒など感染防止にご協力くださいますようお願いいたします。

 
LIVE配信も予定しております。
 

変更がありましたら、ホームページにてお知らせいたします。

 

3_20210724021808858.jpg 003.jpg 1_20210724021808858.jpg 2_20210724021808857.jpg 001.jpg

特別史跡指定50周年・特別名勝指定30周年記念

越前朝倉万灯夜の会場、一乗谷朝倉氏遺跡が特別史跡に指定され50年、特別名勝に指定され30年となりました。

 

一乗谷朝倉氏遺跡は、1971年に一乗谷城を含む278ヘクタールが国の特別史跡に、91年に諏訪館跡庭園をはじめ四つの庭園が特別名勝に指定された。07年には約170万点の出土品のうち2343点が重要文化財に指定され、国内で6箇所しかない「三重指定」の一つとなっています。

写真:国の特別名勝「諏訪館跡庭園」

越前朝倉万灯夜 2021

 
17:00~21:00

イベント案内

今年は縮小のため、1日だけの開催となります。催しは17時からになります。

エリア情報

カップの灯りでつくる、今年の「一文字」から、飲食ブースの場所をご紹介します。

アクセス

一乗谷朝倉氏遺跡までの交通アクセスのご案内です。シャトルバスの運行はございません。

万灯夜とは

越前朝倉万灯夜の会場となる「一乗谷朝倉氏遺跡」のご紹介や、万灯夜が開催されるまでの出来事、開催に込められた想いなどのご紹介です。